サッシの色も、今はシャイングレーが主流です

2020年8月15日

こんにちは。酒田市にあるワールドウインドー庄内の代表富樫です。

 

今回のブログの話題は、窓のサッシです。サッシで主流になっている色の傾向や、現在のサッシの機能性、またこの業界全体で現在人気のある色などについてお伝えします。

 

現在の窓サッシの色の主流は、シャイングレーです。

 

 

↑イラストは、弊社取り扱いメーカーリクシルの
サーモスII-H/サーモスLのカタログからです。

 

サッシの色の流行は、そのときどきによって変わってきました。ちなみに順を追って振り返ってみると…。

 

昔はシルバ―

カラーサッシになり、流行色はブロンズ

ホワイト

今の主流は、シャイングレー

 

このような感じです。現在弊社で承るサッシの受注は、9割方シャイングレーで、1割が黒です。

 

ご参考までに、下の画像は現在のリクシル製サーモスXの色見本の一例です。

 

 

ちなみに、サッシの機能については年々グレードアップしていて、気密性もどんどん高まっています。

 

ガラスやサッシの種類や機能の進化について簡単にまとめると、下のような感じです。

 

昔はペアガラス + 断熱サッシ

アルミと樹脂の複合サッシ

ペアガラスのガラスも高機能なLow-Eガラス
(Low-E複層ガラス)に

Low-Eガラスが、ガス入りLow-Eガラスに

樹脂のサッシ

 

Low-Eガラスについては、こちらの記事に詳しく書いています。

 

また、ガス入りLow-Eガラスとは、中にアルゴンガスが入ったものです。アルゴンガスとは空気中にあるもので、空気中のアルゴンガスを回収して窓の中に入れています。これにより、気密性が大変高まっています。

 

あらためて振り返ってみると、色の流行が変わりデザイン性がアップしているだけでなく、機能もしっかり向上していることが分かります。現在の窓は、断熱性・遮音性が非常に高いのです。

 

色についてですが、一時流行った白や黒からシャイングレーへ需要が変化していること同様、インテリア・エクステリア全体でも、好まれる色が少しづつ変化しています。

 

全体的には、「暗めの色」が増えています。真っ黒ではなく、暗めの色です。

 

フェンスやカーポートの目隠しなども、暗めの木目調が好まれる傾向にあります。

 

 

弊社の主力商品であるカーポートも、シャイングレーの施工が多いです。

 

 

2020年になってからイナバ、ヨド各社で力を入れているデザイナーズガレージも、全て暗めの色展開になっています。

 

 

エクステリア全体の色の傾向は、以上のような感じです。

 

エクステリア全体を見渡してみても、家の外観を決めるサッシの色が周囲に合わせて選ばれていることが分かります。

 

サッシ・ドアなどの色は、普段意識するものではありません。ですが新築の際に、打ち合わせで決めなければいけない方もいると思います。

 

そんなとき、全国的な人気色の傾向やエクステリアの色合いを把握したうえで決められれば、より安心ですね。

 

今回の記事が少しでもご参考になれば幸いです(^^)

 
 



「エクステリア」ページへ
 
トップページへ

 


(有)ワールドウインドー庄内
小さなことでもお気軽にご相談ください!
お問い合わせフォーム
TEL 0234-21-9605

 

 

↓酒田・風力発電・太陽光発電のブログはこちらからも↓

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 酒田情報へ にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
酒田情報風力発電・太陽光発電

PVアクセスランキング にほんブログ村

 

TEL 0234-21-9605

 ガレージ・車庫・カーポート
 物置・バイク保管庫・倉庫
 フェンス・テラス囲い
 土間コンクリート工事

ワールドウインドー庄内は庄内・酒田で20年!おかげさまで、沢山のお客様からお喜びいただいています。

メールでお問い合わせはこちらから
小さなことでも、お気軽にご相談ください!
すばやくご返信、丁寧にお応えいたします。お見積りはもちろん無料です。

PAGE TOP