内窓・二重窓

リクシル トステム インプラス

 

「二重窓」とは、もともとある窓の内側にとりつけ、断熱性等を高める窓です。「内窓」とも呼ばれます。一般のご家庭のほとんどの窓に取り付けられます。

工事時間が少なく、数時間あれば一部屋に複数ある窓の施工が完了します。

 

 

「ペアガラス」と「二重窓」の違いは、「ペアガラス」はひとつのサッシに2枚ガラスが入っているのに対して、「二重窓」はひとつのサッシに1枚のガラスが入っており、既存の窓の内側に取り付けることで二重の機能をはたします。

特徴は以下の通りです。
 
 

1.断熱効果が高まる

家の熱はが外に逃げるのは、半分はドアや窓などの「開口部」からです。

既存の窓にインプラスを取り付けることで、もとあったガラスと新しいガラスの間に空気の層が生まれ、断熱材の役目をはたします。

 

↓下はインプラス取り付け前の外窓のみの表面温度です。3℃~10℃の部分が多いです。

 

↓下はインプラス取り付け後、外窓+インプラスの場合の温度。ほとんどの部分が16℃程度になりました。

 

↓またこのようにインプラスを付ける前と後では、冬季7℃も室内温度が上昇します。

 

2.結露を抑える

外窓と内窓の間に空気の層ができるので、内窓が外気温の影響を受けにくくなり、結露が出にくくなります。

カビやダニの原因となる結露が出ないということは、健康にもよいということです。毎日窓を拭きあげる必要もなく、日々の生活が楽になります。

 
 

3.遮音効果がある

空気の層のおかげで、遮音効果があります。

リクシルから出ているデータとしては、例えば交通量の多い道路の80dBの騒音が、既存の窓を隔てると55dBになるものが、インプラスを付けると40dBまで下がります。

人間の耳は10dB下がると音が半減したように感じるため、実質インプラスのおかげで騒音が半分になったように感じられます。

 
 

4.紫外線を遮る

ガラスはさまざまなラインアップがありますが、断熱効果が高い「Low-E 複層ガラス」は、紫外線も大きくカットします。


 

 

5.防犯性が高まる

「二重窓」にすることで、鍵も二重ロックになります。また、ガラスラインアップのなかに「防犯合わせ複層ガラス」「防犯合わせガラス」があり、とても強く割れにくいガラスによってさらに防犯性を高めることができます。

 
 

6.光熱費が節約できる

リクシルが算出したところによると、外窓のみからインプラスを付けることで、2階建て約120㎡のお家で、1か月平均およそ1,400円もの高熱費が節約できます。冬場の暖房費はもちろん、夏場の冷房費もダウンします。

※リクシルによる算出条件
シミュレーション地区:東京
●AE-Sim/Heatにより算出 ●2階建て/延べ床面積:120.07㎡、開口率:〈4地域以南〉26.8% ●4人家族 ●エアコン 暖房:20℃、冷房:27℃・60% ●暖冷房運転:間歇運転 ●拡張アメダス気象データ2000年版を使用 ●住宅断熱仕様:昭和55年省エネルギー基準適合レベル ●居室の窓(9窓)にインプラスを設置 ●居室の窓(9窓)にレースカーテンを併用 ●電気料金:27円/kWh、CO2排出係数:0.43kg-CO2/kWh ●スギの木のCO2吸収量:14kg-CO2/本 ●1年間のシミュレーションを12カ月で割った平均値

 

 
 
 

価格はお問い合わせください すぐにお見積もりいたします!
 

 
 



「ドア 窓」ページへ
 


(有)ワールドウインドー庄内
小さなことでもお気軽にご相談ください!
お問い合わせフォーム
TEL 0234-21-9605

 

 

 

TEL 0234-21-9605

 ガレージ・車庫・カーポート
 物置・バイク保管庫・倉庫
 フェンス・テラス囲い
 土間コンクリート工事

ワールドウインドー庄内は庄内・酒田で20年!おかげさまで、沢山のお客様からお喜びいただいています。

メールでお問い合わせはこちらから
小さなことでも、お気軽にご相談ください!
すばやくご返信、丁寧にお応えいたします。お見積りはもちろん無料です。

PAGE TOP