物置の床の耐荷重はどれくらい?イナバとヨドで調べました

2022年1月7日

 

こんにちは。山形県酒田市で外構・エクステリアの販売・施工をしている(有)ワールドウインドー庄内の代表、富樫です。

 

今回の話題は、物置の耐荷重についてです。

 

庄内では冬に大量の雪が降るため、車は全てタイヤ交換をします。そのため、シーズンオフのタイヤをご家庭の物置に保管する方も多いのではないでしょうか。

 

タイヤラックをお使いの方もいると思いますが、直(じか)置き派も多いと思います。一世帯に2台以上車があるご家庭がほとんどなので、タイヤの数もそれなりです。直(じか)置きに不安がある方もいるかもしれません。

 

物置の床はどれくらいの耐荷重があるのでしょうか?改めて、その耐荷重を解説いたします。

 

物置2大メーカーの床の耐荷重は?

イナバとヨドで、床の耐荷重を調べてみました。

 

イナバ中型物置の床の耐荷重

イナバ中型物置FORTAの床の耐荷重は下の通りです。

6000N/㎡(600kgf/㎡)

▼イナバ中型物置FORTAの床裏構造です

イナバ中型物置FORTAの床裏構造の図

※画像出典:イナバ

 

 

ヨド中型物置の床の耐荷重

イナバ中型物置エルモの床の耐荷重は下の通りです。

6000N/㎡(600kgf/㎡)

▼ヨド中型物置エルモの床です

ヨド中型物置エルモの床の図

※画像出典:ヨド

 

上記は、両メーカーカタログからの数値で、どちらも同じ耐荷重です。

 

ただこの数値ではイメージがわきません。N/㎡とは、どの位の耐荷重なのでしょうか

 

NをKgに直し実際の耐荷重を確認する

N(ニュートン) について

まず最初に、N(ニュートン)とは、下の単位です。

 

ニュートン (単位)

ニュートン(英: newton、記号: N)は、 国際単位系 (SI)における力の単位。1ニュートンは、1 kgの質量を持つ物体に1 m/s2の加速度を生じさせる力である。名称は古典力学で有名なイギリスの物理学者アイザック・ニュートンに因む。

出典:Wikipedia

 

本来、上のような意味を持つ単位ですが、日常生活では下の解釈で大丈夫です。

 

10N=約1kg

1000N=約100kg

 

上を踏まえて、先ほどの両メーカー中型物置の耐荷重を考えてみます。

 

物置の耐荷重を改めて確認

6000Nは約600kgですので

イナバ・ヨド物置の耐荷重「6000N/㎡」では、1平方メートルの面積で約600kgの重さに耐えられる

ことになります。かなり強いですね。

 

例えばタイヤの重さは、大きさや種類によっても違いますが、ホイールを合わせて18kg~25kg程度です。4本分合わせても、1平方メートル範囲内に積むのであれば、余裕で耐えられます

 

またタイヤ以外のものでも、1㎡に約600kgであれば、かなり重いものを収納しても大丈夫です。

 

合板を敷くとさらに安心感が増します

ところで、これだけ頑丈な床ですが、人によっては「たわむような感覚」を感じる方もいらっしゃいます。床は大丈夫なのですが、安心感の問題だと思います。

 

そこでおすすめなのが、オプションとして「合板を敷くこと」です。

 

合板によって、荷重が均一に分散されて安定するので、たわむ感覚も全くなくなります。また、床材が傷つくことも防げます。

 

合板とは、一般には「ベニヤ板の厚いもの」をイメージしていただくといいかもしれません。材質はマツ材です。オプション価格としては低コストでつけられますよ。

 

まとめ

今回の記事では、カタログ記載の床の耐荷重を改めて確認し、1㎡あたり約600kgとかなりの重さに耐えられることをお伝えいたしました。

 

また、重さを更に分散させたい方や床を傷つけたくない方に、合板のオプションもご紹介しました。

 

物置には、タイヤの他にも様々な重いものを収納します。ですが、かなりの頑丈さに安心された方も多いのではないでしょうか。

 

今回の記事が、物置ご検討の方のご参考にしていただけますと幸いです。

 

 



ガレージ 物置ページへ


トップページへ

 


 

(有)ワールドウインドー庄内
小さなことでもお気軽にご相談ください!

TEL 0234-21-9605
土日祝 070-6493-3518(富樫)

 

 

 

TEL 0234-21-9605
土日祝 070-6493-3518(富樫)

 
 ガレージ・車庫・カーポート
 物置・バイク保管庫・倉庫
 フェンス・テラス囲い
 土間コンクリート工事

ワールドウインドー庄内は庄内・酒田で20年!おかげさまで、沢山のお客様からお喜びいただいています。

メールでお問い合わせはこちらから
お気軽にご相談ください!すばやくご返信、丁寧にお応えします。
お見積りはもちろん無料です。土曜祝日も現地調査にうかがいます。

PAGE TOP