なぜ駐車場は土や砕石のままにしておかない方がいいの?

2020年5月22日

 

こんにちは。ワールドウインドー庄内の富樫です。

 

今回のブログのテーマは、土間コンクリートについてです。駐車場を、土や砕石のままにしておかない方がいい理由をご説明したいと思います!

 

駐車場を土や砕石のままにしていると、どのようなデメリットがあるのでしょうか?

 

草が生える、虫が発生する、雨で水たまりができる、住宅の基礎が汚れる…などの不便さはすぐに思いつくと思いますが、「車の傷みがはやい」ということはあまり知られていません。

 

むき出しの地面にいつも車を駐車していることは、車の足回りをはやく傷める原因になります。

 

通常、地面の下には地下水が流れています。冬は、地下水は地面から10センチほど深い場所に流れています。夏は、地面から50~60センチほど深い場所です。

 

いずれにしても、土の下には地下水が流れているので、地面からは常に水分が蒸発しています。

 

そのため、むき出しや砕石の上にいつも車を停めていると、足回りが早く錆びます。この錆びによる車の足回りの痛みを、コンクリートを敷くことによって防ぐことができるのです。

 

 

最近は、高級車に乗る方も増えています。

 

せっかくのお車が傷んでは勿体ないですので、駐車場の敷地は、砕石などではなくコンクリートにすることをぜひおすすめします(^^)。

 

 

↓酒田・風力発電・太陽光発電のブログはこちらからも↓

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 酒田情報へ にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
酒田情報風力発電・太陽光発電

PVアクセスランキング にほんブログ村

 

TEL 0234-21-9605

 ガレージ・車庫・カーポート
 物置・バイク保管庫・倉庫
 フェンス・テラス囲い
 土間コンクリート工事

ワールドウインドー庄内は庄内・酒田で20年!おかげさまで、沢山のお客様からお喜びいただいています。

メールでお問い合わせはこちらから
小さなことでも、お気軽にご相談ください!
すばやくご返信、丁寧にお応えいたします。お見積りはもちろん無料です。

PAGE TOP