酒田市大手食品会社様、カナディアン・ソーラーを使用した工場屋根太陽光発電です【酒田市 H社様】

酒田市大手食品会社様、工場屋根で全量買取~カナディアン・ソーラー使用です

酒田市大手食品会社H社様の、第2工場屋根に設定した太陽光発電システム施工事例です。

H社様の太陽光発電システムを施工するのは、当社としてこれで3件目となります。

全て全量買取での、売電収益を見込んだ施工です。これまでは、野立だったのですが、今回は旧平田町砂越にある、H社様第2工場屋根への太陽光パネル設置となりました。

パネルメーカーは、カナディアン・ソーラーをお選びになっています。そもそもH社様と当社の出会いは、当社でカナディアン・ソーラーを取り扱っていることがきっかけでした。

H社様がまだ太陽光発電に参入しておられなかった頃、口コミで「カナディアン・ソーラーはいい」との声をよく耳にされていたそうです。

カナディアン・ソーラーを取り扱っており、それに詳しい業者を探しておられたところ、当社と出会いました。それ以降、お付き合いをいただいております。

施工概要

パネルのメーカー:カナディアン・ソーラー

パネルの仕様:カナディアン CS6P-255P

パワコン:オムロンKP55K2 9台

パネル枚数と発電量:234枚、59.67kw

総出力:パネルで59.67kw パワコンで49.5kw

図面

図面は、下図です。工場の屋根を効率的に利用して、将来にわたる収益につなげます。発電した電力は工場内で自家消費するのではなく、全量買取で大きな売電収益を得ます。

002

 仕上がり

001

担当者から(代表:富樫)

酒田市H社様の工場屋根太陽光発電は、先月平成27年の9月に完成いたしました。

H社様は、これまでも野立ての太陽光発電(全量買取)で、どんどん収益を上げられています。

固定買取価格制度による全量買取の額は年度ごとに変動いたします。着実に太陽光発電システムを増やしたいとのことで、今回もご依頼をいただきました。

大きな工場だからそ、屋根であっても全量買い取りが充分に可能です。

住宅の屋根と工場の屋根の大きな違いは、屋根葺き材です。工場は、折半やルーフデッキの屋根葺き材ですので、住宅用太陽光発電の設置とは異なった設置金具を使用します。折半やルーフデッキでも効率よく施工できる専用の金具があるので、そちらを使用いたします。

パネル設置の期間は3~4日、電気工事の期間は1カ月~1カ月半です。5人程度の人員で行います。電気工事は工場内と電気をつなぐことがないので、工場内部や、中の業務には一切影響がございません。

H社様、この度は誠にありがとうございました。

 

 

TEL 0234-21-9605

 ガレージ・車庫・カーポート
 物置・バイク保管庫・倉庫
 フェンス・テラス囲い
 土間コンクリート工事

ワールドウインドー庄内は庄内・酒田で20年!おかげさまで、沢山のお客様からお喜びいただいています。

メールでお問い合わせはこちらから
小さなことでも、お気軽にご相談ください!
すばやくご返信、丁寧にお応えいたします。お見積りはもちろん無料です。

PAGE TOP