ハンファQセルズの講習会を受けてきました

2016年10月11日

こんにちは。酒田市と鶴岡市でエクステリア・住宅用建材・太陽光発電システムの販売施工をしている(有)ワールドウインドー庄内の富樫です。

 

先日、つくば市で行われたハンファQセルズ(太陽光パネルメーカー)の講習会に参加してきました!

 

dsc_0283

 

こちらのメーカーは韓国とドイツの合併メーカーで、日本国内でも注目されてきています。特長はコストパフォーマンスに優れていることです。施工IDをとるため2日にわたって講習を受けてきました。

 

最近は庄内でも耳にするようになったハンファQセルズですが、今回のきっかけは、実際に当社で施工の依頼があったからです。酒田市内の大井工務店様から「ハンファQセルズ製のパネルを使っての施工をしてほしいので、IDをとってほしい」とのことでした。

 

こういったメーカーのID取得講習は基本的に2日間が多いのですが、今回も2日間でした。前日に車でつくば市まで出向きました。

 

001

ちなみに、上はこれまで取得したIDの一部です。カナディアンソーラー、リクシルなど。

 

実際には、どのメーカーも施工方法の「基本」は共通しています。

 

当社で扱っているメーカーは大手だけでも4社ありますが、パネルに取り付ける金具(架台)は共通しています。そちらの金具(架台)の取り付け方法をしっかりと把握していれば、パネルの大きさがメーカーによって微妙に違うだけで、あとは応用になります。

 

幸い今回の講習会でも、とまどうことなく勉強できました。

 

毎回研修で一番気がかりなのが、講習が終わった後の2日間に渡る試験です。今回も80点以上取らないと再試験というシステムでした。毎回一発で合格するのですが、それでもいつもハラハラしながら試験に挑みます。

 

そして今回、いつもと違った点は、外資系メーカーということで講習会中の講師が外国人の先生だったということです。とても日本語が上手な方なのですが、講義をする=専門用語を交えて新しい知識を教えていただくとなると、当然言い回しなど聞きとりにくい部分が出ますし、講義を受けるほうも集中して聞かなければなりませんでした。

 

また、今回は試験でちょっとしたハプニングもありました。1日目の試験で、私だけ問題用紙の裏が印刷されていなかったので、焦ってしまいました。2日目の試験ではもともと問題用紙に裏がなかったのですが「裏はないですよね」と、つい隣の人に確認してしまいました。

 

いろいろありましたが、今回も無事一発合格できました。受講した25名ほど、再試験含めて全員合格となりました。

 

こちらが取得したIDです。↓

001

10月からは、新たにこちらの施工も可能となりました!どうぞよろしくお願いいたします。

 

今回のブログも、お読みいただいてありがとうございました!

↓酒田・風力発電・太陽光発電のブログはこちらからも↓

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 酒田情報へ にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
酒田情報風力発電・太陽光発電

PVアクセスランキング にほんブログ村

 

TEL 0234-21-9605

 ガレージ・車庫・物置・倉庫
 フェンス・風除室・テラス屋根・庭まわり
 カーポート
 太陽光発電

ワールドウインドー庄内は庄内・酒田で20年!おかげさまで、沢山のお客様からお喜びいただいています。

メールでお問い合わせはこちらから
お気軽にご相談ください!
すばやくご返信、丁寧にお応えいたします。お見積りはもちろん無料です。

PAGE TOP