電気自動車を導入して2年半、走りも燃費も満足しています!

2015年2月21日

こんにちは。酒田市と鶴岡市でエクステリア・住宅用建材・太陽光発電システムの販売施工をしている(有)ワールドウインドー庄内です。

 

(有)ワールドウインドー庄内では、社用車としてEV=電気自動車を使用しております。導入して2年半ほどになりました。現在では仕事には欠かせない大切な相棒です。

 

01

 

車種は、三菱のミニキャブ・ミーブです。電気自動車というとテレビCMの影響で日産(リーフ)のイメージが強いですが、実は三菱は、他社に比べて群を抜いて電気自動車に力を入れているメーカーです。環境対応車へのさまざまな取り組みを行っていますし、電気自動車だけでも数車種出しています。三菱のEV(電気自動車)専用サイトはこちら

 

電気自動車を導入しようと思った決め手は、やはり「エネルギー」「環境」が、私の今後のテーマであり関心ごとだからです。このミニキャブ・ミーブもCO2(二酸化炭素)、NOx(窒素酸化物)、PM(粒子状物質)を一切出さずに走ってくれる、クリーンな車です。

 

肝心の「走り」ですが、パワーもありスムーズで、非常に満足です。静かなのもよいところです。また、もちろん燃費に関しても満足です。電気代としてガソリン代よりはるかに燃費が低く抑えられます。また「ガソリンを全く使わない」ということ自体、思いのほかストレスが軽減します。

 

電気自動車充電スタンドも、庄内地方でも徐々に増えてきました。最近では、三川町の「イオンモール三川」にもスタンドができたことで、仕事の移動時かなり便利になったように感じます。

 

電気自動車充電スタンドも増えてきましたが、電気自動車のオーナーも庄内地方で増えてきているようです。

 

また、まだ数件ですが、太陽光発電システムと電気自動車を同時にお使いのご家庭もあります。電気自動車を「蓄電池」として使用することができるので、昼間太陽光で発電した電気を電気自動車に蓄電しておけます。その場合、停電時に電気を使用できるのが大きなメリットです。

 

また別の方法として、夜間の安い電力を車にためておいて、昼間ご家庭で(車からとりだして)使用することもできます。その場合は、日中太陽光で発電した余剰電力は最大限に売電することができるので、経済的な利点が大きくなります。※夜間車に貯めた電気を日中売電することはできません。

 

太陽光発電システムと併用しなくても、EV=電気自動車は、それだけで大きなメリットや魅力を持った車です。今回のブログでは、EV=電気自動車を2年半使用してみての感想を書かせていただきました。

 

お読みくださいましてありがとうございました!

↓酒田・風力発電・太陽光発電のブログはこちらからも↓

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 酒田情報へ にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
酒田情報風力発電・太陽光発電

PVアクセスランキング にほんブログ村

 

TEL 0234-21-9605

 ガレージ・車庫・物置・倉庫
 フェンス・風除室・テラス屋根・庭まわり
 カーポート
 太陽光発電

ワールドウインドー庄内は庄内・酒田で20年!おかげさまで、沢山のお客様からお喜びいただいています。

メールでお問い合わせはこちらから
お気軽にご相談ください!
すばやくご返信、丁寧にお応えいたします。お見積りはもちろん無料です。

PAGE TOP